退職代行

【コラム】直ちに退職できるか?

今すぐ退職したいというご相談 今すぐ退職したい、というご相談を良く頂きます。たしかに、問題の多い職場だと毎日通うのが苦痛でしょうし、どっちみち辞めるならすぐ辞められれば良いと考えるのは当然ともいえます。ましてや弁護士に依頼して会社に退職の意思を伝えれば、そ…

【コラム】退職代行は弁護士に依頼することが望ましい理由

退職代行について、一般企業が行っている場合もあるようです。 退職に関する問題は、雇用契約の解消という法律問題なので、本来弁護士が行うべきだと考えますが、なぜ民間企業が行うことができるのか、をまず考えてみます。つまり、代理などの法律事務を行うことができるのは…

【コラム】退職代行と残業代請求

未払い残業代の請求   法定労働時間(原則として1日8時間週40時間)を超えて働いた場合は、時間外労働手当(いわゆる残業代)を請求できます。裁量労働制度が導入されている場合や、管理監督者の場合、など例外はありますが、それらの例外が認められる要件は厳しく、大…

【コラム】退職代行を弁護士に依頼するメリット

1、退職代行とは?  退職代行とは、会社等に対して、退職したいという意思を、弁護士等が代わりに伝える仕組みです。 「弁護士等」と書いたのは、弁護士以外が行なっている場合もあるからです。   2、そもそも退職は自由にできるの?  退職は自由にできる…

【コラム】退職代行・・有期雇用と無期雇用の違い

退職したいと思ったとき、有期雇用と無期雇用では、法律上の容易さに違いがあります。 無期雇用の退職 すなわち、正社員などの無期雇用の場合には、民法上(627条1項)、2週間前に退職の意思を伝えることで、退職できます。就業規則で1か月まで延長しているケースもあ…

【コラム】退職代行と有給休暇

退職代行とは?  退職代行とは、弁護士が行う場合には、依頼者の代理人として依頼者の方のお勤め先に対して退職の意思を伝えるとともに、離職票の発行を受けるなど必要な手続きを代わりに行い、また、簡単な引継ぎを代わりに行うサービスのことを言います(退職代行会社の場…

【コラム】弁護士による退職代行と退職代行会社の違い

退職代行を行っているのは? 最近、退職代行という言葉をお聞きになった方は多いと思います。 これには、大きく分けて2種類あります。一つは退職代行会社が行っているもの、もう一つは弁護士が行っているものです。これら2つはどのような点が異なるのでしょうか? 実は、…

トップへ戻る