顧問弁護士をお探しの方へ

顧問弁護士をお探しの方へ企業でも、多くの法律問題が発生しますが、その際に、法務部が対応するのか、顧問弁護士を依頼するのか、お悩みの会社は多いと思います。

そこで、顧問弁護士に依頼するメリット、タイミング等をご紹介させていただきます。

 

〈メリット1:小さなことでも気軽に相談できる〉

ちょっとしたことでお困りの際、「弁護士に相談するのはハードルが高い」「相談料もかかるし、こんな小さなことで相談してよいのだろうか」とお考えになる方は、多いと思います。

しかし、顧問弁護士がいれば、弁護士探しをしてまで相談したいわけではない、という小さな問題でも、すぐに相談することができます。しかも、顧問契約をしている場合、電子メールでの相談も可能です(当事務所の場合)。その都度来訪しなくても相談できるのも便利なところといえるでしょう(資料を見ながら検討する必要がある場合等にはご来訪いただいた方が良い場合もあります)。

 

〈メリット2:会社の内情を熟知している弁護士に相談できる〉

会社内部の事情に関して、事件の度に弁護士が変わり、その度に毎回事情を説明するのは手間である、というケースもあると思います。

しかし、顧問弁護士であれば、ある程度、会社の事情に通じており、毎回同じ内容を説明する必要はなく、会社の実情に沿ったご助言をすることができます。

 

〈メリット3:専門知識をいつでも利用できる〉

会社内部に法務部を置く、という企業も増えていると思いますが、法務部に所属しているのは必ずしも弁護士とは限りません。しかし、顧問弁護士をご依頼いただければ、経験豊富な弁護士の知識を、いつでも利用することができます(もちろん、事務所の営業時間内であれば、ですが)。また、法務部として、人員を雇うとなると、それなりの人件費がかかりますが、顧問弁護士であれば、人一人を雇う場合に比べ、圧倒的に経費を節約することができます。

つまり、法務部を置く場合に比べ、費用は安く、かつ、専門知識をいつでも利用できるというメリットがあるのです。

 

〈ご依頼のタイミング〉

顧問弁護士をつけるメリットにも関連しますが、紛争は、起こる前に防ぐことができるのが一番です。事前に予防さえできれば、余計なコスト、時間をかける必要はなくなります。そのため、顧問弁護士に依頼をするお勧めのタイミングは、まさしく『今』です。問題が起こる前に、思い立った時にご依頼いただくのが一番です。

問題が発生してからのご依頼でも、対処はもちろんできますが、まずは弁護士を探し、費用を調整し、そこから資料を用意して・・・とやっている間に、問題はどんどん大きくなっていきます。

そのため、まずは、問題が起きる前にご依頼いただき、なるべく紛争の発生そのものを予防する、万が一、問題が起きてしまったら迅速に対応し、かつ、次の紛争発生予防に活かす、というのがベストです。そのためには普段から相談できる顧問弁護士を確保しておくことが重要です。事前のトラブル予防、事後の迅速な対応のため、顧問弁護士をご検討の場合は、ぜひ当事務所にご相談ください。

 

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

 

ページの上部へ戻る

トップへ戻る