弁護士費用(労働者)

このページでは労働側からの相談の場合の弁護士費用について解説します。

(以下、すべて、消費税10%込の価格です)

相談料 

初回1時間まで無料

*それを超えた場合や2回目以降は30分5500円

 

残業代請求

3万3000円、交渉だけで解決できた場合は成功報酬22%
(裁判や労働審判など裁判所を利用した手続きを行った場合は27.5%)

その他実費(内容証明郵便の郵便代金、裁判所の印紙代・郵券代、など)

 

退職代行

着手金3万3000円

残業代請求を同時に行なった場合は、残業代請求について成功報酬22%(裁判や労働審判など裁判所を利用した手続きを行った場合は27.5%)

*その他実費。また、相手方から別の請求を受けた場合は対応については別途追加。

 

不当解雇、セクハラ、など一般

  • 着手金 経済的利益の8.8%(最低11万円)
  • 成功報酬 経済的利益の17.6%

*ただし、経済的利益が300万円を超える場合は割引あり

*上記は第1審ないし労働審判までを含む。控訴審や、労働審判後に異議で通常訴訟に移行した場合は着手金を追加。

 

 

 

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

 

ページの上部へ戻る

トップへ戻る