弁護士と社労士の違い

弁護士と社労士の違い労働と聞くと、社労士さん(社会保険労務士)が浮かぶ方もいらっしゃると思います。特に、企業の方はそのような方も多いと思います。労働問題が起きた時に、弁護士に相談すればいいのか、社労士に相談すればいいのか、迷う方もいらっしゃるでしょう。

しかし、弁護士と社労士では、専門分野・対象とする分野が異なります。また、弁護士は労働側、会社側、いずれの側から依頼を受けることもありますが、社労士はほとんどのケースは会社からのご依頼だと思います。これは、社労士は基本的に法人の労務管理を手伝うことが主な業務となっているためだと考えられます。

また、労働紛争に関し、弁護士と社労士の業務範囲には大きな違いがあります。弁護士には、業務範囲に関して制限がありませんので、労働事件に関し、法的に解決可能な問題であれば、問題なく代理人となることができます。しかし、社労士の場合は、(特定社労士かどうかにもよりますが)、業務が書類提出に限られる場合(つまり、示談交渉や法律相談ができない)もありますし、特定の手続の中でしか代理人になることができない場合、特定の段階までしか代理人になることができない場合もあります。

これは、弁護士は法的紛争に対応することがもともと本来の業務であるのに対して、社労士はどちらかといえば会社に関する規定の作成や公的保険の手続きなどが本来の業務であり紛争への対応は近年一部で業務範囲とされつつあるものの沿革的には副次的なものであることが影響しています。

それゆえ、紛争に関しては社労士の業務範囲は限定的であり、社労士に相談しても、業務範囲を超えているということで、再度弁護士に相談をしに行く、というケースも考えられ、相談料や時間が余計にかかってしまうこともあります。

また、社労士は基本的に会社に対するサポートを業としてきているため、労働側からの相談は受けない社労士も多いようです。

労働紛争に関しては、相談から交渉、示談まで一切の制限がない弁護士にご相談いただくのが最適であるといえます。

労働問題でお困りの方は、ぜひ、当事務所にご相談ください。

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

 

ページの上部へ戻る

トップへ戻る