弁護士による退職代行とは

弁護士による退職代行とは会社を辞めたいけど、言い出せない。

理由は人によって様々かとは思いますが、そのような方へ退職代行サービスを提供する業者が近年増えてきています。

しかし、一般の業者と弁護士(法律事務所)では、できることがかなり異なります。

 

1.退職代行サービスとは

文字通り、会社を辞めたい人の退職手続について代行するサービスです。ご依頼を受けた後に、ご本人様に代わって、お勤め先の会社へ退職意思を書面で伝えます。

弁護士は、意思表示を代行するだけではなく、会社側から退職日などについて反論されたり何らかの請求をされたような場合にも代理人として交渉することができ、さらには未払い残業代の請求なども行うことができます。

 

2.当事務所での退職代行サービス

当事務所は、立川と所沢に支店を有し、広く関東圏の方へ退職代行サービスを提供しております。当事務所で退職代行をご依頼いただく場合の流れとしては、典型的には、以下の通りです。

 

① 弁護士と面談の上、ご契約

まず、立川か所沢の事務所のご来訪いただく必要があります。事前に電話か電子メールでご予約をお願いします。当事務所は平日の夜(電話は9時半まで、営業は午後10時まで)や土日も営業しているので(立川は土日は午前10時から午後7時、所沢は土日いずれか同時間)、お仕事で忙しい方でも夜や土日にご相談可能です。

相談の際には、会社との契約状況や勤務状況、退職を決意するに至る経緯、会社との協議状況などを確認させていただき、ご相談者様と弁護士で協議の上、今後の進め方を決めます。

もちろん、ご相談の結果依頼をしないで相談だけで終わらせるということもできますし、時期を少しおいてからご依頼ということも可能です。

弁護士による退職代行とは

② 会社へ退職意思通知

基本的には内容証明郵便をもって、退職意思を会社へ伝えます。

内容については、実際に郵送する前にご本人様に確認していただきます。

弁護士による退職代行とは

③ 退職関係の手続き

必要に応じて離職票の請求などの手続を進めさせていただきます。保険の切り替えなども会社側がなかなか進めてくれない場合には、こちらから促すこともできます。

この際に、会社へ返還するものがあれば、ご依頼者様より預かった上で、会社へ返還します。その他、簡単な伝言などの簡易な引継ぎを代わりに行うこともできます。

弁護士による退職代行とは

④ 終了

退職手続が完了した時点で、終了となります。

会社側が退職手続きについて争ってきた場合(例えば、有期雇用の場合のやむを得ない事由の有無など)には、適宜反論をしていきます。弁護士が代理人として対応しますので、ご依頼者様が直接会社とやり取りする必要はありません。

  • なお、在職中のミスについての損害賠償など退職そのもの以外についての請求が会社側からなされた場合は、内容によっては新たな委任契約が必要となり追加で費用が発生する場合がありますので、その点はご了承ください。

 

3、弁護士に依頼するメリット

弁護士への依頼のメリットは、会社と直接話さずに退職の意思を伝えることができること、そして、退職に関して何か問題が起きても弁護士が代理人として交渉などの対応をできることです。この点は、単に意思を伝えて終わり、の代行会社とは異なります。

代行会社は弁護士の資格がないので、交渉はできません。敢えて退職の意思表示の代行を依頼したいということは何か会社と少なくとも潜在的な問題を抱えているケースが多いですので、退職の際にトラブルが顕在化しても対応できるように、法律の専門家であり代理人としての交渉権限も持った弁護士に依頼することをお勧めします。

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

 

ページの上部へ戻る

トップへ戻る