弁護士紹介

代表弁護士 山中 靖広

代表弁護士 山中 靖広 代表弁護士の山中と申します。多摩中央法律事務所の代表を務めています。弁護士登録後、他の事務所(弁護士法人)に1年4ヶ月ほど勤務したのち、現在の事務所を立ち上げました。その後、平成22年6月に事務所を法人化し、代表弁護士として、皆様のご相談に応じ、また、交渉や訴訟などの弁護士業務を行なってきました。

専門的立場から望ましい解決を目指すのが我々法律の専門家である弁護士の仕事ですが、ご相談に来て頂いた方には、事案に則して、どのような道筋が予想されるか、どのような方法による解決が望ましいか、など、初めての方にもわかりやすいように詳しく説明するように心がけています。

お悩みの方、まずはご相談に来てください。

経歴

東京大学農学部卒業
東京大学大学院農学生命科学研究科修士課程修了
大阪市立大学法科大学院修了
司法研修所新60期修了
平成20年2月 弁護士登録
現在、東京弁護士会所属
外国人ローヤリングネット会員
東京弁護士会法律研究部(会社法部、相続・遺言部)所属
東京弁護士会当番・国選弁護登録

弁護士より

弁護士は悩みを聞いて、最善の解決策をアドバイスすることも重要な仕事です。もちろん法的な解決になじまない問題もありますが、法律で解決できるかどうかをアドバイスすることも弁護士の仕事ですので、迷ったら、まずは気楽にご相談ください。

日々働いていく中では、立場の強い企業との関係で不当な扱いを受けているのに自分ではどうしてもいえないこと、争うのが難しいと感じてしまうこともあると思います。残業代を払ってもらえない、退職したいのにやめさせてもらえない、など職場に関する問題に悩んでおられる方は多いと思いますが、まずは弁護士にご相談ください。

また、企業を経営している方は、労務管理に悩んでおられることも多いと思います。具体的な紛争になっていなくても、こういう場合にどのように対処したら良いのだろう、経営上の理由で退職させたい従業員がいるけど解雇という方法をとって大丈夫なのだろうか、裁量労働はどのような場合に導入できるのか、など企業の経営に関しては悩ましいことがたくさんあると思います。そのような問題は、できればトラブルが顕在化する前に弁護士にご相談頂ければ、リスクを軽減できます。また、内容証明郵便が送られてきたり、訴訟や労働審判を起こされてしまった場合には知識のないまま対処することは危険ですので、速やかに法律の専門家である弁護士にご相談頂きたいと思います。

労働の問題は、雇用されて働く側、雇う側、それぞれに立場も言い分もあり、時には対立することもありますが、弁護士は、ご依頼を頂ければ解決のために全力を尽くしますので、悩んでおられる場合はまずはご相談ください。

弁護士 中島 悠佑

経歴

國學院大學法学部 卒業
千葉大学大学院専門法務研究科 修了
第72期司法修習 終了
令和2年1月 弁護士登録
埼玉弁護士会所属

弁護士より

相談に来られた方が安心してお話しできるよう心掛けております。
困り事や悩み事が少しでもありましたら、お気軽にご相談ください。

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

 

ページの上部へ戻る

トップへ戻る