【コラム】残業代請求に必要な証拠

残業代請求に必要な証拠として、誰でも思いつくのがタイムカードです。タイムカードがあれば、残業した事実や時間がわかります。それ以外にも運転手の場合の運転日報なども労働時間を立証するための証拠となります。それらがない場合には、パソコンのログイン記録、社内メールのやり取りの時間、などにより立証できる場合もあります。

以上は、労働時間を立証するための証拠ですが、それ以外にも、残業代請求の基礎となる給与を立証するために、雇用契約書や就業規則など基本給の額がわかるか計算する根拠が書いてある資料があることが望ましいです。これについては、給与明細からもわかることが多いでしょう。

その他、労働時間に付いて特別な定め(変形労働時間など)がされている場合は、それについてわかる資料(労使協定や就業規則の写し)もあると良いでしょう。

このように、残業代請求においては、様々な証拠が役立ちますが、一般的に必要といわれている証拠そのものがなくても、何か別の方法で立証できる場合もありますので、まずはご相談ください。

 

 

 

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

 

ページの上部へ戻る

トップへ戻る